• ホームNEWS & コラム 一覧【ベトナムにおけるオフィスの種類】一般オフィス、サービスオフィス、バーチャルオフィスの違いについて

2021.05.22

賃貸オフィスの商習慣

【ベトナムにおけるオフィスの種類】一般オフィス、サービスオフィス、バーチャルオフィスの違いについて

 

賃貸でオフィススペースを借りる場合、
その形態は大きく3つに大別されます。

1.一般オフィス

2.サービスオフィス(レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、ビジネスセンターとも言われます)

3.バーチャルオフィス

本記事では、それぞれの形態の特徴をお伝えします。

一般オフィス

事業規模や予定人員が固まっており、オフィスを長く使われる企業様にオススメです。

◆契約期間は長期
2年~3年が多いです。
稀に1年や5年もあります。

◆デポジット(保証金)
3ヶ月が一般的です。

◆途中解約における違約金
デポジットが返金されません。
※稀に契約終了まで家賃を支払う義務があるオフィスもあります。

◆初期費用が掛かります
内装が無い状態で引き渡されるため、内装工事が必要になります。
内装項目として上げられるのは、以下のような物です。
・床材
・部屋を仕切るパーテーション
・入口に設置するセキュリティ機器
・デスク
・棚
・電気配線
・複合機

【引き渡し時はスケルトンの状態です】

◆退去時にも費用が掛かります
入居時に作った内装は、退去時には解体し、何も無い状態に戻す必要があります。
内装の解体作業にお金が掛かります。

◆賃料水準(税金と管理費込)
Aクラス:55~70USD/㎡
Bクラス:35~55USD/㎡
Cクラス:20~35USD/㎡

◆最小供給面積
A・Bクラスは50㎡程度、Cクラスで30㎡程度です。

サービスオフィス

人員の規模が固まらず、フットワークを軽くしておきたい新規の進出企業様や、市場調査目的の駐在員事務所設立にはサービスオフィスを推奨します。
スタッフが1~3人など、小規模なスペースしか必要ない場合も推奨です。

◆契約期間は短くても可能
1年が一般的です。

◆デポジット(保証金)

◆途中解約における違約金

◆初期費用が掛かりません
内装は出来上がった状態で借りる事ができます。
【デスクやチェアが用意されています】

【会議室や複合機、パントリースペースなど他の企業様と共用で使用します】

◆賃料水準
一般オフィスよりも割高です。

バーチャルオフィス

営業ライセンス取得を目的に安価にオフィス契約を行います。
営業ライセンスの取得や、現地法人設立の際には、住所が決まっている必要があります。
住所を手に入れるためにオフィス契約を結ぶ必要があるものの、スタッフが稼働する場所がしばらくの間必要ないという方のための形態です。

◆安価な賃料
月額50~150USD

◆利用できるデスク
無し、もしくは1席が多いです。

営業ライセンス取得まで、オフィスを構える必要が無い場合、コスト削減のため利用します。
業種・取得するライセンスによっては、バーチャルオフィスでは認められないケースもあるため、確認が必要です。

一般オフィスとサービスオフィスの賃料の比較

1.一般オフィス(月額賃料)
Aクラス:55~70USD/㎡
Bクラス:35~55USD/㎡
Cクラス:20~35USD/㎡

例:Bクラスを6人で利用
40㎡ × 40USD = 1,600 USD/月

2.サービスオフィス(月額賃料)
Aクラス:400~600USD/席
Bクラス:200~400USD/席
Cクラス:100~200USD/席

例:Bクラスを6人で利用
6人 × 300USD = 1,800 USD/月