2020.09.24

住宅のトラブル

ベトナムではタワーマンションでも雨漏りは起きるのか?

ベトナムでは、たとえ築浅の高層マンションでも雨漏りが起きます。
ベトナムの雨漏りの原因や対策について解説します。

症状

窓のカーテンレール上部から水滴が垂れたり、天井と壁が湿ってきます。
 

原因

直射日光や雨風に打たれ劣化した窓枠のコーキングや外壁のひび割れが原因であることが多いです。
築年数が浅いもの、新築物件でも起こります。
乾季には強いスコールが無く、気がつかない事があります。
雨季の激しいスコールで雨漏りが発覚します。

【マンションの壁を見ると亀裂がたくさんあります】

解決方法

まずは不動産会社やオーナーへ連絡しましょう。
オーナーを通じて、建物管理会社、建物施工会社、不動産開発会社へ報告をします。
その後、まずは室内の現場確認を行い、原因箇所の予測を立てます。
原因箇所の予測を立てたら、後日修繕業者がひび割れ箇所を埋めます。

一時的な対策

バケツやタオルを使って一時的に凌いでいただく事になります。
雨漏り発生箇所から家電や衣類を遠ざけるようにしてください。
高層ビルの外壁の修繕にはブランコを屋上から下ろす必要があり、修繕までに時間が掛かります。
特にホーチミンの雨季の天気は気まぐれで、急に強風やスコールが起きるため、安全を考慮し工事日の調整に時間が掛かります。

外壁やひび割れが原因でない場合も?

雨でもないのに雨漏りがしたら、何かしらの理由で上階で水が溜まっている可能性が高いです。
バルコニー排水溝にゴミが詰まり、バルコニーに水が溜まってしますケースや
水回りの給水管に何かしらの故障があり、水の供給が排水スピードを上回り室内が水浸しになっているケースが考えられます。
この場合は上階に誰も住んでいない、もしくは留守にしている可能性が高く、
建物管理会社がお部屋の居住者やオーナーに連絡を取り、お部屋に入室する必要があります。